icon-arrow-back icon-arrow-down icon-arrow-left icon-arrow-next icon-arrow-right icon-arrow-top icon-blank icon-buying-history icon-checkbox-off icon-checkbox-on-error icon-checkbox-on icon-close icon-close2 icon-email icon-facebook icon-favorite icon-Instagram icon-menu icon-minus icon-mypege icon-pdf icon-plus icon-pulldown-close icon-pulldown-open icon-radiobox-off icon-radiobox-on-error icon-radiobox-on icon-search-more icon-search-more2 icon-search icon-share icon-shopping_cart icon-slider-left icon-slider-right icon-facebook icon-twitter icon-line

キャッシュレス還元事業バナー
カラー ウッド テーブル
カラー ウッド テーブル
カラー ウッド テーブル
カラー ウッド テーブル
カラー ウッド テーブル
カラー ウッド テーブル
カラー ウッド テーブル
カラー ウッド テーブル

カラー ウッド テーブル | COLOUR WOOD TABLE

違和感が空間を刺激する


530 ポイント

58,300円(税込)

配達日:約17日~
組立・設置:無料
保証:1年


SUHOLTEN&BAIJINNGSが手掛ける個性的テーブル。ボトム部の形状が魅力を引きたたせます。

インテリアの鍵になるグラフィック
樽のような脚と15角形の天板が特徴的なテーブルは、どことなく親しみを感じる姿をしています。現代的なグラフィックを通して見える木目とカラーリングを組み合わせたことで、さまざまなライフシーンに溶け込むサイドテーブルシリーズができました。3サイズ、4バリエーションが揃っています。
ディテールが光る匠の技
日本古来の技法「雇い実接ぎ(やといさねつぎ)」を応用し、台形にカットされたパーツを難しい角度で連続につなげています。また、アクセントとして施されている脚部のテープは、わざわざ溝を掘って本体と同化させています。また、通常は見えない底部までていねいに仕上げるなど、細部にまでこだわったつくりになっています。

KAGUHAスタッフ Mより (2020.03.09)

アムステルダムのステファン・ショルテン(Stefan Scholten)とキャロル・バーイングスによる(Carole Baijings)によるScholten & Baijingsは、成功するデザインとは「人々が長い間大切にするもの」であると明言しています。

ステファンはコンセプト(彼の言葉を借りるなら”イデオロギー”です)を担当し、キャロルがデザイン及び生産を受け持つ自然な分業体制。同じくオランダの写真デュオであるシェルテンス&アベネス(Scheltens & Abbenes)との長年の協業関係からも分かるように、二人は自分自身がどの分野におけるプロフェッショナルであるかを良く理解しています。

「色彩と模様」「表面と形状」「デザインと生産」この間に生じる創造的な緊張こそが彼らのインスピレーション源であり、印象的な色彩や幾何学模様に変えるポップなアプローチに注目しがちですが、リサーチを重視する彼らの本質は、モノの背後に潜む文化的・芸術的コンテクストを大切にし、過去から未来へと歴史を繋げるロングライフデザインであることです。

日本との関わりとしては、佐賀・有田との百田陶園による1616 / arita japanとのコラボレーションを行いカラーポーセリアンシリーズを発表。日本の伝統色である、淡く、果敢ない色の層を重ねながら、陶磁器という文脈の中で再解釈した機能性の高いテーブルウェアは、国内外で高い評価を得ています。

彼らの出世作は2005年に発表した目の覚めるような色彩のグラデーションが特徴のColour Plaidという家具を包み込むようなブランケット。2009年には(同じくカリモクとのデビューイヤーです)Paper Porcelainという陶器のテーブルウェアコレクションも注目を浴び、彼らのアイコンとなる2つのデザイン・テーマを贅沢に良いところ取りしたのが、このカリモクニュースタンダードとのコレクション。まさにショルテン&バーイングスを想起させるエッセンスが詰まっており、現在も彼らの代表作として語られます。

2019年にオランダのThe Dots Magazine(nr.16)のインタビューでは「ミラノ・サローネだけが発表の場ではない」と語っていますが、その10年前に彼らがセンセーショナルな扱いを受けたこともまた揺るがない事実です。カラーウッドシリーズの表面的なデザイン(例えば天板が14角形であるとか)やスペック(グリッドラインの塗装幕が手作業で削られている等)について触れているサイトはありますが、その理由まで考察することが私たちの使命だと考えます。

カラーウッドテーブルのベース(脚部)は雇い実接ぎ(やといざねはぎ)と言われる手法を応用し独特な樽形状となるよう繋ぎ合わせられていますが、これは単純に平面同士をくっつける芋接ぎ(いもはぎ)とは違い、溝に挟んで接合するため接着面積が増え、摩擦係数も上がり接合力も大きくなります。この日本の伝統的な技術を使うことで、径の大きく存在感がある脚部の強度を飛躍的に高めることができ、天板がベースの上にポンと乗っかっているようなデザインを可能にしています。形状を実現するために「デザインと生産」をコントロールするショルテン&バーイングスの哲学・イデオロギーが体現された家具ではないでしょうか。

この商品へのレビューはまだありません。


レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。


サイズ
ピンク:幅60.3cmx奥行60cmx高さ39.2cm
カラーグリッド:幅50.5cmx 奥行50.2cmx高さ45.4cm
ダークグリッド:幅60.3cmx奥行60cmx高さ39.2cm
プレーングリッド:幅71.3cmx奥行71.3x高さ32.7cm
プレーンS:幅50.5cmx奥行50.2cmx高さ45.4cm
プレーンM:幅60.3cm x 奥行60cmx 高さ39.2cm
プレーンL:幅71.3cmx奥行71.3cmx高さ32.7(mm)


詳細スペック

材質:栗
デザイン:SCHOLTEN & BAIJINGS (ショルテン&バーイングス)

アーティクルコード

0734TAB000002

RECOMMEND

この商品をみている人はこんな商品もみています