icon-arrow-back icon-arrow-down icon-arrow-left icon-arrow-next icon-arrow-right icon-arrow-top icon-blank icon-buying-history icon-checkbox-off icon-checkbox-on-error icon-checkbox-on icon-close icon-close2 icon-email icon-facebook icon-favorite icon-Instagram icon-menu icon-minus icon-mypege icon-pdf icon-plus icon-pulldown-close icon-pulldown-open icon-radiobox-off icon-radiobox-on-error icon-radiobox-on icon-search-more icon-search-more2 icon-search icon-share icon-shopping_cart icon-slider-left icon-slider-right icon-facebook icon-twitter icon-line

家具・インテリア ビッグバーゲン! in横浜

空間創造宣言 -ドリームベッド-

信頼のクラフトマンシップで理想のベッドルームをカタチに

心地よいもの、個性豊かなもの、自分を幸せにしてくれるもの
ドリームベッドのコレクションには夢を描けるアイテムがいっぱいです。
「夢」のある暮らしを楽しむぬくもりに満ちた寝室を品質の高い商品ラインナップでご提供いたします。

ドリームベッドの歴史

●創業~広島ベッド商会

ドリームベッド株式会社の創業は1950年、そのルーツは戦後の社会奉仕事業にあります。

第二次世界大戦末期、原爆投下によって焦土と化した広島で運よく一命を取り留めた創業者の渡辺礼市は、戦災者や戦地から引き揚げて来た方に職場を提供し、生活が立て直せるようにしたいという想いで、 練兵場跡の建物に授産共同作業場を立ち上げました。
そこでは教材や生活用品など様々なものが作られていましたが、当時駐留していた米軍やオーストラリア軍の宿舎で使用されていたベッドやマットレスの修理が持ち込まれるようになりました。
当時、ほとんどの人がマットレスという寝具を見るのは初めてという時代でしたが、修理をしていくうちに将来、日本でもベッドが普及するのではないかという思いが芽生え、そこからドリームベッドのベッド作りが始まりました。

発祥は社会奉仕事業であり、単なる営利目的ではありませんでした。
その精神はお客さまの要望を大切にしながらコストを抑え、品質の高い自社製造にこだわることで、「快適で美しい暮らしを提供する」という現在の経営姿勢に受け継がれています。


●ドリームベッド株式会社へ

広島ベッド商会の設立は1957年(昭和32年)、睡眠の「夢」と人々に希望を与えられるような会社になりたいという「夢」から1964年(昭和39年)には社名をドリームベッドに変更して大きく事業を拡大します。

創業から70年、お客様に喜んでいただけるベッドを広島の自社工場で製造することにこだわり、商品を通じて快適な睡眠を多くのお客様にお届けしてまいりました。

社名を冠した「ドリームベッド」の商品以外にも、
日本で唯一「ウォーターワールド」の名前でウォーターベッドを製造している他、アメリカのプレミアムベッドブランドである「サータ」、環境先進国であるドイツのモダンなベッドフレームが特徴の「ルフ」、またベッド製造で培った高い技術力を活かしソファを中心にリビングやダイニングまで幅広く取り扱うフランスのトップメーカー「リーン・ロゼ」といった海外ブランドを多く取り扱うようになりました。 その特徴は、ライセンス契約に基づいたドリームベッドによる自社工場での生産です。

輸入してそのまま販売するのではなく、資材の調達から始まり、基本設計はそのままに日本の生活様式や環境に合うようにディティールやサイズを微調整し、蓄積されたノウハウや技術を生かしながら製造から販売まで国内で一貫して行うことにより、高品質な製品をリーズナブルに提供することが可能になりました。

ドリームベッドのポケットコイル

最高品質を追求するドリームベッドでは、マットレスの良し悪しを決める重要な部分であるポケットコイルに関しては、コイルの線材にJIS 規格最高グレードであるSWRH82Bを使い、自社工場でスプリングコイルから製造。
線径の異なる二つのポケットコイルを自由に配列できるマシンを自社で独自に開発するなど、徹底したものづくりへのこだわりがあります。
つま先に至るまで体にストレスを感じることがないよう、人間工学に基づいて研究開発を繰り返し行うことで、科学に裏付けされた究極の眠りを提供できるマットレスを開発しています。
また、ドリームベッドのマットレスは、体を支えるのに必要な硬さと、寝た瞬間に心地良さを感じる柔らかさといった相反する二つの要素を、巧みに組み合わせていることが人気の秘訣かもしれません。
耐久性に優れ、通気性にもこだわり衛生面にも配慮されたこだわりのポケットコイルを是非お試しください。


●ドリームベッドのポケットコイルマットレスの基本となる3つのユニット(マットレスの硬さの目安となります。)

FI-Pドリームパラレルポケット(並行配列)
ふんわりソフトな寝心地をお求めのお客様にお勧めのマットレスです。
FI-Nドリームパラレルポケット(交互配列)
ほどよい硬めな寝心地をお求めのお客様にお勧めのマットレスです。
FI-Tドリームトルネードポケット(ウルトラ集積配列)
どっしりハードな寝心地をお求めのお客様にお勧めのマットレスです。
マットレスの硬さは線径が同じ場合は、コイルの内蔵個数に比例して変化します。

KAGUHAオリジナルマットレス

MOR4アレルリーフ マットレス

お客様の声から生まれたKAGUHAオリジナルマットレス。「MOR4アレルリーフ マットレス」
村内ファニチャーアクセスとOKAYの各店でお試しいただけます。

お部屋のホコリや花粉などのハウスダストを吸着・不活性化(無害化)するアレルリーフ綿を標準装備した衛生的マットレスです。
ダニの死骸やフン、花粉などのアレルギー物質の原因になるハウスダストを吸着し不活性化します。
細菌の増殖を抑制し、防臭効果を発揮。汗のにおいの主成分である酢酸を消臭します。

マットレス内部にこもりがちな湿気は、寝返りの時におこる微妙なサスペンションの上下動で呼吸するように、マットレスのサイドより放出します。

ドリームベッドのポケットコイルの特徴を活かし、お好みのやわらかめ、程よく硬め、しっかり硬めの寝心地をお選び頂けます。
布団代わりになる上部の詰め物は、硬さのちがうウレタンフォーム構造により、身体をしっかりと支えます。

MORアレルリーフ マットレス
FI-Pドリームパラレルポケット(並行配列)→詳細はこちらから
FI-Nドリームパラレルポケット(交互配列)→詳細はこちらから
FI-Tドリームトルネードポケット(ウルトラ集積配列)→詳細はこちらから